ビスコの復職ログ

鬱の発症、休職、回復、復職…経過や原因を振り返りつつ、心穏やかに生きる術を模索します。

産業医面談を受けました

金曜日に会社で産業医面談を受けてきました。

結論からいえば、連休明けの5/7からの復職が決まりました。

 

うぇ~い( 0w0)ノ ウェーイ

 

産業医からはある種お約束的な質問が続き、淡々と答えるとこれまた淡々と復職OKのお墨付きと若干の就業制限を与えられました。

 

(質問)

  • 睡眠は取れているか? …はい
  • 食事は取れているか? …はい
  • 就労意欲は戻ってる? …はい
  • 一日何して過ごしてる? …起きて飯食って動いて…略

(判定)

  • 復職可
  • 見極め期間(通常6か月)は3か月でOK
  • 3か月間は残業&宿泊を伴う出張はNG

 

主治医の診断書や人事との事前調整を踏まえているとはいえ、10分足らずで終了。

 

ある程度予想はしてたけど、ほんと機械的というか形式的というか…スムーズに行き過ぎて面喰いましたが、「なんやかんやで餅は餅屋だなぁ」というのも休職中の実感。

 

たとえその場ではしっくりこない診断や助言でも、数か月後にふと全くその通りになっていること気づいて戦慄すること数回…ここも素直に受け取っておこうと思います。

 

それにしても、1年余りの休職期間も残り2週間となりました。

 

何して過ごしたものか…。