ビスコの復職ログ

鬱の発症、休職、回復、復職…経過や原因を振り返りつつ、心穏やかに生きる術を模索します。

産業医面談を受けます

前回の投稿から随分時間が経ってしまったな…。

 

表題の通り、会社として復職の可否を判断してもらうために明日産業医面談を受けることになりました。

 

人事担当に復職と異動の希望をハッキリ伝えたのが二月の半ば。

「持ち帰って検討する」ということでそこから2か月近くガッツリ放置…もとい社内で検討を重ねて頂き、先日前部署には戻らず別部署へ異動するという判断を頂きました。

 

受け入れ態勢が概ね固まったうえでの産業医面談であって、あくまで形式的なものだと思いたいけれど…メンタル疾患からの復職に関して産業医に最後の最後でNG出されてポシャるという話も聞いたことがあるしなぁ…。

 

とはいえ、世話になってる主治医とカウンセラー、臨床心理士の嫁の全員がゴーサインを出しており、何より自分自身が焦りとか罪悪感無く復帰に前向きである以上、大丈夫なはず。

 

頑張ってきます。